歯肉のコントロール

綺麗な歯肉が美しい歯、くちもとをつくります

左右の歯の大きさ形が違うケース

歯肉は赤く腫れて歯周病になっています。

ブラッシングと歯石とりをし歯肉の腫れはだいぶん治まってきました。
左上の中切歯、側切歯はかぶせものですが右側とは長さが違い左右対称的ではありません

左上のかぶせ物の周りの炎症が消失しなかったためこの2本をかぶせなおします。

プロビジョナルレストレーション(最終を見越した仮歯)で歯肉の反応、歯の形態をチェックします。

外科的処置が必要であったため同時に歯肉のラインも左右対照的に整えました。

術後

メタルボンドクラウンを装着。
4前歯は対照的に美しくなりましたシャープな引き締まった歯肉に注目