プロビジョナルレストレーション

最終を見越した仮歯(プロビジョナルレストレーション)を使用し実際に日常生活を送
っていただくことで、より確実に、美しくかみやすい歯をつくることができます。

術前

歯がないところが多数あり噛み合わせも低くなっている。 歯ぐきのラインも左右で不揃いのため歯の形も不揃いになることが予想される。

最終的にどのような歯を入れればよいか診断するために診断用模型をおこし最終を見越した仮歯(プロビジョナルレストレーション)をつくる。

歯周外科処置をし、プロビジョナルレストレーションを装着したところ。実際に使用し審美的・機能的な確認をする。